85歳の恋する乙女

こんにちは。

最幸の人生をプロデュースする

メンタルコーチ 大津真美です。

 

30歳からの結婚マインド育成コーチングをさせていただいております♪

 

さて、今日は、私の祖母のお話です。

私の祖母は、現在89歳。

これは、祖父がまだ生きていた数年前のお話です。

 

祖父が、もう動けなくなり、痴呆も進み、施設に入所したときのこと。

祖母は、とてもさみしがり、毎日会いに行きたがりました。

でも、施設までの行ききが、一人では無理なので、毎日は会えませんでした。

 

ある日、祖父のお見舞いに祖母をつれていったときのこと・・・

短い時間の面会を終えて、帰ろうと促したところ、

祖母は、祖父の手を取り、まるで恋する乙女のように、こう言うのです。

 

「また、会いに来るけんね」

何度も手をさすり、頬ずりし、キスをしながら・・・。

もう、寝てるのか起きてるのかわからない、祖父に向かって、涙を浮かべつつ、

まるで最後のお別れのように、そういうのです。

そこには、85歳の恋する乙女がいました。

 

この二人は、これまで一体どれだけラブラブだったのか?

そう、みなさん思ったかもしれません。

 

でも、祖母が恋する乙女になったのは、

最初からラブラブではなくて、何十年という結婚生活の中で、

酸いも甘いも味わい尽くし、

祖父の嫌なところもいっぱい見て、きっと時には嫌いになり、

それでも一緒に過ごしてきたからこそ、培われた、

人には絶対にわからない、絆がそこにあったからなのだと思います。

 

その絆が、パートナーシップというものなのでしょうか。

そこに、「恋」の「こ」の字も一番最初はなかったのです。

なぜなら、二人が初めて出会ったのは、

結婚式の前夜。

美容室に来ていた祖父を見て、

近所の人が、「あれが、明日あなたが結婚する相手だ」と教えてくれたのだといいます。

教えてもらってなかったら、嫁ぐその瞬間まで、どんな相手か知らなかった・・・。

そうやって嫁いだ祖母なのです。

今じゃ考えられない時代ですね・・・。

 

でも、何十年もの結婚生活が、

しかも、聞くところによると、

そんなにラブラブでもない結婚生活が、

「アサ(祖母の名)さん、大変やね~」って言われるくらい、

変わり者で有名だった祖父との結婚生活は、傍から見れば相当大変だったと思われる結婚生活が、

祖母を恋する乙女にしたのです。

 

二人にしかわからないやり取りがあり、

二人にしかわからないチャレンジを乗り越え、

二人にしかわからないお互いの良いところ、ダメダメなところを

ぶつけ合い、許し合い、受け入れ合い、

二人にしかわからない愛が育って、

二人の間に特別な絆が揺るぎないものになったとき、

その愛が、恋に変わる♥

そうやって、祖母は85歳の恋する乙女になったのだと思います。

 

本当の「運命の人」って、それができる相手なんじゃないかな・・・。と私は思います。

 

そんな祖母の姿を見て、

私もこんな恋する85歳の乙女になっていたいな~って思いました。

私はまだまだ、結婚15年目。

地道に愛を育んでいる真っ最中!

まだまだ、酸いも甘いも満喫中です♪

 

これが私の理想の結婚像・・・。

皆さんはいかがですか?

 

そんな素敵な結婚生活をおくるのに、

鎧なんて着てたら、邪魔すぎます。

緻密な恋愛テクニックもほとんど無意味。

結局、ありのままの自分を見せた上で、

相手のありのままとも向き合い、

そこからお互いのことを理解し合うことでしか、愛は育ちません。

 

ということは、ありのままの自分を自分自身が知っておく必要がありますね(^^)

そして、その自分を自分自身が受け入れ、愛していられるかで、

引き寄せる相手も、相手と築ける関係性も変わってきます。

 

結婚マインド育成塾では、

結婚に対する心のブレーキを見つけたり、

邪魔になっている鎧に気づいて、それを脱いで楽になることから始まります。

 

半年かけて、いい感じにゆる~くなり、本当の自分でいられる感覚を取り戻してもらいます♪

そうなった時に出会った相手が、きっとあなたの「運命の人」です♪

 

まだ、出会いがない・・・ときこそ、チャンス!!

自分磨きもいいけれど、

まずは、邪魔な鎧を脱いでからじゃないと、苦しいだけですよ(^^)

 

あなたも、85歳で恋する乙女♥を目指しませんか?

 

メンタルコーチ 大津真美

 

関連記事

  1. 同性婚の方から学ぶ恋愛と結婚の違い

  2. 結婚して得られるものは何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。